個別指導塾のデメリット

個別指導塾の授業スタイルとは

最近良く聞かれる個別指導塾とはどのようなものでしょうか。その最大の特徴は、その名のとおり生徒が講師から個別に授業を受けるスタイルであるということです。しかし必ずしもマンツーマンとは限らず、多くの場合1:2あるいは1:3という場合が多いでしょう。また、個別指導塾は生徒と講師の相性が重要であることから「何度でも講師を変更できる」ということが一般的になっています。

集団塾に比べると生徒個人に合わせたオーダーメイド的な授業が可能になります。さらに家庭教師のように家にあげる必要がないので手軽に利用できるという利点もあるでしょう。部活動に取り組んでいてなかなか学習時間が取れないという人や、学校の授業に遅れがちだったり苦手教科だけを集中的に学びたい人にはふさわしい授業スタイルだといえます。

個別指導塾で気をつけるべきこと

集団授業についていきにくい場合や苦手教科克服にはとても有効な個別指導塾ですが、それなりのデメリットもあります。「個別指導」というと一見とても面倒見が良いように感じますが、実はそれほどでもないケースもあります。講師1人に生徒が2,3人になると、1人を集中的に指導している間他の生徒が手持ち無沙汰な状態にもなりかねません。その間演習問題等をやらせても、わからない箇所ではストップして待つことになります。ベテラン講師であっても学習進度の異なる生徒3人を掛け持ちでみるのは大変な作業だといえます。

さらに受験のように明確な目標があるなら、個別指導塾には少々不安な点があります。自分の現状を客観的に把握するには、やはり集団授業がふさわしいでしょう。受験に関する情報も入手しやすいですし、生徒同士が目標に向けて切磋琢磨することもできます。塾に求めるものや生徒個人の性格などを考慮した上で塾を選択するとよいでしょう。

高1、高2年生の春期講習を受ける目的は、基礎固めにあります。高2年生で難関校を受けると決めた人は、この時期に苦手科目の穴を埋めます。自分がわかっていないところはどこかを洗い出し、受講するといいです。