集団指導塾のデメリット

集団指導塾のデメリットとは?

塾を選ぶなら、集団塾でのデメリットを理解することは重要です。集団塾のデメリットは、授業の生徒数の規模が大きいので、一クラスが大人数になるため、個人に対してペースを合わせたり、生徒全員が満足するような授業ができないことです。ですので、授業についてこれない生徒は、途中で塾をやめてしまうこともあるでしょう。他にも集団塾の授業は、事前に年間カリキュラムが決まっており、それに沿って講師が授業を進めていかなければならないため、講師のオリジナルの授業ができないことです。また、講師一人に対して教える生徒数が多いので、講師と生徒の距離感があることです。さらに集団塾に通ったからといって、生徒によっては成績アップにつながるかどうか分かりません。

集団指導塾のデメリットをメリットにするには?

集団指導塾のデメリットを上げましたが、デメリットをメリットに変えていくにはどうすべきか説明しましょう。集団塾に通うと自分に合った友達ができることです。友達ができると、塾に通うのも楽しくなります。楽しいということは、勉強へのモチベーションもあがりますし、友達と励ましあって勉強することもできるでしょう。また、授業についていけない場合は、適正なクラスに変更したり、家庭教師をつけることです。そうすれば、集団塾と家庭教師をうまく使い分けることで、成績も上がる可能性が高いですよね。そして、集団塾には少数精鋭の教え方の上手な講師が多いので、個人では無理でも集団塾なら教わることもできるので、効率のよい勉強法を教わることもできます。